So-net無料ブログ作成

<もんじゅ>新燃料移送中にトラブル(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は25日、試験運転中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、新燃料を移送中にトラブルがあり、作業を中断したと発表した。同日午後3時43分、原子炉装荷前に燃料を回転する際、角度が一時的に測れなくなり、警報が鳴動した。原因を調べている。環境や試験への影響はないとしている。

 同じ作業で22日に警報が鳴動し、23日には模擬燃料を使って確認作業中にやはり鳴動。機構は、測定のため燃料をつり下げた際にぶれが生じたことが原因とみて、測定前に3秒間燃料を制止する措置を取っていた。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ

自分で作った“辺野古反対”の世論 踊る首相に嘲笑  (産経新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)
専門看護師の在り方などで議論−文科省検討会(医療介護CBニュース)
大阪・府営住宅から小5男児が転落?死亡(読売新聞)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。